スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| スポンサー広告 | ↑ページトップ |

みっちみち

2013/05/26 日曜日


みっちみちやーんっ!!


2013052602.jpg
さ、さよか…(汗)


これで落ち着くってんだから猫ってば不思議よねー!!
スポンサーサイト




↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| できごと | コメント(4) | ↑ページトップ |

ひも、ひも、ひも

2013/05/19 日曜日

2013051901
ひも。


2013051902
ひも。


2013051903
ひも、見失う。


2013051904
ひも、遊ぶっ!!



↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| できごと | コメント(5) | ↑ページトップ |

活用間違い続くかも!

2013/05/09 木曜日

2013050901
入ってるーっ!!


2013050902
考えてるーっ!!


2013050903
落ち着いてるーっ!!


物音がしたので振り返ってびっくり!
なんと鉢カバーに歳三さんが入っている!!
しかもくるくるっとまわった後そのままくつろぎ始めました。


2013050904
使ってなかった観葉植物などの鉢カバー、中には高さ調節も含めクッションを入れてあるんです。
そんな私の提案もむなしく長いこと放置されてたんですが、先日の記事で紹介したように鴨ちゃんが入ったんですよね。
結局数回しか使わなかったことになってしまったのですが、今日歳三さんが入ってくれてもう感激です!

とは言え、こういう風に鴨ちゃんがいたところにいるということが「今まで歳三さんは何か遠慮があったのかなー」とも思えてしまいます。
他にも私達が食事をしているダイニングテーブルには必ずと言っていいほど鴨ちゃんが乗ってきてごろーんと甘えてたんですが、それが今は歳三さんが乗ってくるんですよね。
ごろーんとはしないけれどー(笑)



↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| できごと | コメント(6) | ↑ページトップ |

朝日をあびて~

2013/05/06 月曜日

2013050601
朝日をあびて~


2013050602
食後の二度寝~


ゴールデンウィーク最終日。
二度寝三昧、昼寝三昧もおしまい。
あぁ、猫になりたい。

明日からに備えて今日は6時に起きました。
…ってか歳三さん起こすの早すぎ!
5時前から「めし~、めし~」とベッドカバーに爪を引っ掛けてみたり、パジャマに爪を引っ掛けてみたり、充電ケーブルを噛み噛みしてみたり。
これ、朝ごはん係りをダンナにしたらちゃんとダンナを起こすようになるんだろうか??
遅番とかもあるので実験できないけれどー。



↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| できごと | コメント(5) | ↑ページトップ |

兜で男前?

2013/05/05 日曜日

2013050501
歳ちゃぁ~ん、久々に兜折ってみた~♪


2013050502
やっぱダメかぁ~


2013050503
んじゃ、乗せないからせめて目線を…


2013050504
やたっ!

…どうも目つきが(汗)
歳三さんらしいんですけどね。


2013050505
鴨ちゃんにもネっ!


みなさま、あたたかいコメントをどうもありがとうございました。
歳三さんはあまり変わりありません。
仲のいい2匹ではなかったのでそう見えるのかもしれませんが、気持ち甘えているような感じがするかなー?くらいです。
その後はゴールデンウィークだったためのんびり過ごしました。
ふとした瞬間にはあの日の朝の姿を思い浮かべ、何が起こったのか、どうすれば良かったのかと考えてしまいますが、大丈夫です。
鴨ちゃんは寂しがりやでビビリーだけど、虹の橋のみんなが仲良くしてくれるもんね!



↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| できごと | コメント(3) | ↑ページトップ |

虹の橋への旅立ち

2013/05/01 水曜日

2013050101
少し遅れてしまいましたが、お知らせしなければなりません。

2013年4月27日、鴨ちゃんが虹の橋へ旅立ちました。

6歳と8ヶ月。
何事もなければあと倍は生きられたであろう小さな命。

朝起きたらすでに冷たくなっていました。
就寝中に朦朧としながら鳴き声を聞いたのですが毛玉を吐くのかなという安易な考えしかせず、それが助けを求める声だったと思うと、なんで起きて確認しなかったんだろうと申し訳ない思いが消えません。
きっと一生消えるものではないと思います。

ダンナは夜勤出張最終日で、車であったことから連絡してすぐに帰ってきてくれました。
それなのに私は入れ替わりで自分の用事をこなしてしまったことも申し訳なく…。
鴨ちゃんはお父さん子でもあったため、ダンナの純粋な悲しみは相当なものだと思います。

前後の症状を見ていないため、鴨ちゃんに何が起こったのかはわかりません。
猫の突然死の多くは心臓発作という記事をたくさん読みました。
それなら普段の生活になんら問題は見受けられなくても、聴診くらいしてもらっていれば良かったのか?とか、毛玉が吐き出せず気管をふさいでしまったのかもと考えたら、それこそ私が助けられたのではないか?とか、何度考えても、色々な状況を考えてみても、答えが出せるものではないことを私自身認識しないと。
いつまでも私に後悔の念があるときっと鴨ちゃんもみんなが待つ虹の橋へたどりつけないと思います。


翌日、近くのペット霊園にて個別立会火葬をお願いしました。
炉の担当のおじさんが優しく鴨ちゃんに声をかけてくれたり、ダンナとふたりで骨を拾う時もしっかり説明してくれて少しほっとできました。

ごめんねっていう言葉でしか見送れなかったな。
ありがとうって私が言っていいのかわからないけれど、やっぱり言わないとね。
鴨ちゃん、うちに来てくれてお父さんとお母さんをいっぱい楽しませてくれてありがとう。


鴨 2013年4月27日 永眠 6歳8ヶ月

2013050102



↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| できごと | コメント(10) | ↑ページトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。