スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| スポンサー広告 | ↑ページトップ |

川治温泉旅 その1

2009/09/11 金曜日

20090910_01
「いってきまぁ~っす!!」
…玄関へのお見送りはありませんでした(汗)


20090910_02
とりあえず、洗車!
こういう機会でもないと中まで掃除しない、あまり車に興味がないダンナ(笑)


20090910_03
行きは、圏央道から関越自動車道へ入り沼田ICで降りて、ロマンチック街道と呼ばれる国道120号線で峠越えコース(笑)
そう、目的地は栃木県の川治温泉!!

平日ですので、高速はスイスイ。
赤城高原SAで休憩。
裏手では山々が眺められます。
お天気サイコー!
すっかり秋の空で、日差しは暑くても空気はさわやか♪


20090910_04
毎度のことながら、今回も結局行き当たりばったりなため、途中はまずお昼も兼ねて、吹割の滝を見てみることに。
ふらっと入ったお蕎麦やさんで猫イラスト付きのサインを発見。
誰なのかよくわかりませんが、撮っときました(笑)


20090910_05

20090910_06

20090910_07

20090910_08

20090910_09
吹割の滝は、川の流れが岩を削り、できた割れ目に水がナイアガラのごとく流れ落ちます!
今は台風や豪雨で水かさがどこまで増すのかわかりませんが、周りの岩も水に削られたような角のない感じで、川底を歩いているような感覚です。

突発で寄りましたが、自然を感じることができました!
…が、この後もっと自然の脅威?を感じるスポットへ!!



その2へ続く。



↓1日1クリック応援よろしくデス↓
にほんブログ村 猫ブログへ


| 飼い主のできごと | コメント(7) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

はじめまして、元 昭島市民で現 越谷市民の羽ぴょんと申す者です。

自転車のブログのリンク先でたどり着きました。
(どなたのブログか今となってはわかりません(笑))

猫ちゃんたち、かわいいですね
うちにはペットは居ませんが、カミサンが実家時代に猫と同居していたので、一緒に更新を楽しみにしております。

玉原ラベンダーパークへ良く行くので、沼田IC周辺はブラブラしたこと有りましたが、吹割の滝は看板を横目で見て素通りしてました・・・
見事な景観なんですね、来年は寄り道してみます。

(蕎麦屋のサインは多分、ガダルカナル・タカさんの奥さん 橋本志穂さんだと思います)

続き楽しみにしております。

羽ぴょん | URL | 2009/09/12 (土) [編集]

川治温泉に行かれたんですね(*^^)
私も一度行きましたよ、とても景色がよくって・・
ゆっくりするにはいい所ですよね。
滝もよく撮れてますね・・見てるだけなのに(^^ゞ
マイナスイオンを浴びた気分になれます。
続き・・楽しみにしてますね。

ぷんちゃんママ | URL | 2009/09/12 (土)

1枚目のお写真の、見返りにゃんこな鴨ちゃんに、
はい、ぽちっと(笑)

あめぶら | URL | 2009/09/12 (土)

鴨ちゃん、見返り美人? ヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!

素敵な所ですね。
空がとっても綺麗。

続き楽しみです♪

はな | URL | 2009/09/12 (土)

天気がよく稜線が綺麗ですね~
写真から吹割の滝の自然のパワーを感じます(^-^)
その2も楽しみです♪
お見送りなかったですかぁ・・・
きっとお迎えはありますよ!

くろねこ419 | URL | 2009/09/12 (土)

吹割の滝、綺麗ですね。これはIXYで撮ったのですか?
昔スキーの帰りに寄ってみたことがあります。当然ながら冬なので、全面凍ってました。それはそれでいいかもしれませんが、ちゃんと“滝”になっているほうが数倍綺麗ですね。
今夏休みなんて、うらやましすぎる・・・
夏休み終わったら、またすぐ連休ですね。

Baccus | URL | 2009/09/12 (土)

●羽ぴょんさん

はじめまして!
私の写真だと周りの岩などの迫力が伝わらないのですが、ホント川底を歩いているような感じがありますので、けっこうおもしろかったです。
サインはやっぱりガダルカナル・タカさんの奥さんだったんですねぇ、ツマってあるのでそうかな~と(笑)

ichimi | URL | 2009/09/13 (日) [編集]

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。